NEWS

ニュースリリース

2017年7月12日

インバウンドソリューション事業を開始

 

株式会社ファン・タップ(京都市上京区、代表取締役:荒木大輔)は、インバウンドの誘客促進ならびに外国人観光客向け通訳ガイド事業の提供を開始します。

 

これまで弊社では、「RunKing」や「えきからメーカー」などGPS位置情報や地図データを使ったアプリを提供して参りましたが、京都に会社を置く立地条件を生かし、インバウンドソリューションビジネスを推進して参ります。

 

今後の展開として、まずは自社技術を使ったルート作成アプリ「えきからメーカー」を多言語対応し、飲食店や観光施設向けに提供します。

 

あわせて、外国人観光客向けに観光案内ならびに通訳サービスを提供する事業会社ひびこれを新たに設立しましたのでご報告いたします。

 

【株式会社ひびこれ】
代表取締役:荒木 利香
事業内容 :外国人観光客向け通訳ガイド事業
https://hibikore.kyoto/

 

 

◀ ニューストップへ

 
 
トップへ